アンドロイドのカバーの素材について

Pocket

アンドロイドのカバーに使われている素材についていろいろと考えてみましょう。
ここで使われている素材というのは、ポリカーボネート製・TPU製・アルミ製・れレーザー製・シリコン製といったところがあります。
お値段もお安く、そして、しっかり本体を保護してくれるものであり、今ではいろいろな色にも対応したものも出ています。

硬派なあなたには大変あっている素材のひとつで、エンジニアリングプラスチックの一種でもあり、記号は「PC」で「エンプラ」でその名を業界の人は言っている素材でもあります。

次に、このごろよく見かけるTPU製といわれる記号は「TPU」で熱可塑性ポリウレタンと言われるもので、
これはウレタンゴムとかウレタン樹脂といわれているものでもあり、ゴムのように柔らかい素材でもあるのです。
この特徴というのは、量産に最適で着色しやすく、加工もしやすくリサイクルもきくもので、なんといっても安く作ることの出来る素材ということになります。

次に、アルミ製でありありますが、なんといっても金属であるといったところがあるのにもかかわらず軽いところでもあり、
しっかりと本体を守るにはふさわしい素材でもあります。

次にレーザー製でありますが、これはおしゃれを重視したもので、
携帯自体を落とすことがない人向けと思っていた頂いたほうがいい素材でもあります。
でもその代わりデザイン性や機能性に優れており、ちょっとした携帯できる小物としての王道を歩いている素材でもあります。

最後ですが、シリコン製というのは、持った感じが大変柔らかく持ちやすいといったところがあるカバーになります。
このようにアンドロイドのカバーというのは、素材ひとつとってもいろいろあって、どれを選ぶかはあなたの自由といったところでもあります。